本文へ移動

形成外科・外科のご紹介

巻き爪・巻き爪でお困りのことはありませんか?

【爪白癬】
老化で分厚くなった爪白癬は介護現場で対応することが、困難です。
形成外科医の定期的な爪治療をおすすめします!

【巻き爪】
巻き爪・陥入爪・胼胝(タコ)・鶏眼(ウオノメ)
やけど・いぼ・褥そう(床ずれ)などの治療を行っています。気になる症状はありませんか?
些細なことでもお気軽にご相談ください!
※訪問診療依頼シートはこちら

褥そうでお困りのことはありませんか?

褥瘡(じょくそう)は一般的に「床ずれ」とも呼ばれています。
長時間寝たきりになっている患者さんの臀部や足にできることが多く、また下半身が麻痺して、車椅子で生活している方の臀部などにおこることがあります。褥瘡は深さによって治るまでの期間が大きく異なります。症状によっては数年たっても治らない場合があります。
~発生しやすい部分~
○ おしりの中央(骨が出ている部分)○ 坐骨部分(左右のおしりの中心部分)
○ かかと ○ 後頭部 ○ 肩甲骨の部分○ 肩(背中側) ○ ひじ

【治療について】
①手術を行わないで治す保存的治療
②手術により治す外科的治療があります。
褥瘡の深さにより、様々な方法がとられていますが在宅診療では「①手術を行わずに治す」よう取り組んでいきます。
消毒・洗浄・塗り薬・キズを覆って刺激や感染から防ぐなど専門的な見解のもと、処置をおこないます。

※訪問診療依頼シートはこちら

担当医

TOPへ戻る