本文へ移動

スタッフブログ

「イクボス宣言」ってご存じですか?

2020-11-26
カテゴリ:看護部
NEW

「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフのワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の成果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しんで、職場づくりのできる上司のことです。「イク(子育て)」と「ボス(上司)」が合体してできた造語です。

宇部記念病院は2020年2月に「うべイクボス宣言」をいたしました。

宇部市には“うべイクボス宣言企業サポート支援事業”もあります。また、宇部市役所ホームぺージには『宇部市女性活躍推進企業』としても紹介いただいております。

今回の宣言をワーク・ライフ・バランス実現のさらなる励みにして、誰もが安心して生き生きと働き続けられる職場環境づくりに努めて参りたいと思っています。


                                看護部長
宇部市 男女共同参画情報誌「ぱれっと」49号より

「食欲の秋、堪能されていますか?」

2020-11-19
カテゴリ:診療栄養科

なかなか思うように外出ができない日が続きますが、季節は変わらず巡ってきております。

こんな時だからこそ、美味しいものを食べて気分転換してみてはいかがでしょうか?

当院でも、季節に応じた食材、料理を提供させていただき、患者さま、利用者さまに少しでも美味しく食べていただけるように日々努めております。

先日、季節の献立として、「秋の旨煮」を提供させていただきました。

栗、里芋、鶏肉、いんげん、椎茸の入った煮物です。

なかなか“栗”の入った料理と言えば、「栗ご飯」ぐらいしか思い浮かびづらいかと思いますが、普段の煮物料理に栗を加えても美味しく食べていただけると思います。

ぜひ皆様もお試しになられてみてはいかがでしょうか?

【おいしい栗の見分け方】

・鬼皮(外側の硬い皮)に張りがある。

・鬼皮の茶色が濃い。

・指で押してもブカブカしていない。

・白いブツブツがついていない。

・座(底の部分)に黒っぽい箇所がない。

・座がベトベトしていない。


診療栄養科 古田

『皆さん、リフレッシュされていますか?』

2020-11-05
カテゴリ:看護部

コロナ禍で外出自粛している人も多いのではないでしょうか?

時には公園など自然の中へお出かけし、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

もちろんお出かけの際はマスクや手洗い、3密を避けるなどの感染対策をしっかりおこないましょう!

 お出かけにおすすめのスポットをご紹介します。この時期、山陽小野田市の竜王山や下関市のリフレッシュパーク豊浦では渡り鳥のように旅するチョウ『アサギマダラ』が飛来し訪れた人を楽しませているようです。

 アサギマダラはタテハチョウ科で薄い藍色の模様と大ぶりなハネが特徴的でハネを広げると約10cm。春に北上し秋には本州から九州や沖縄、台湾などに南下し、マーカー調査(ハネに日時・場所をマーキング)では直線距離で1500㎞以上を渡った報告もあるタフなチョウです。フジバカマ、ヒヨドリバナ、アザミなどのキク科の花によく集まり吸蜜する姿が見られます。11月半ば頃まで見ることが出来るそうですよ。


 豆知識

チョウの数え方について…

(ひき)?1()? 皆さんはどちらを使いますか?

色々調べてみると、正しくは「(とう)」で「(ひき)

でも可。

鳥の(はね)とは異なるのでチョウに「()」は間違い。

(昆虫のハネは『(はね)』らしいです。)

撮影:箱崎 亮大

QOL

2020-10-29
カテゴリ:リハビリテーションセンター
NEW

ここ最近、"コロナ"と言うキーワードを聞かない日は無く、米国や欧州は、日に日に感染者数が増え、不安を感じながら過ごされている方も多いのではないでしょうか。私も、例に漏れずその一人です。

 

こんな状況下でも、少しでも明るく前向きに生活したいですよね。

 

職員の皆さんは、“QOL”と言う言葉は、ご存知だと思います。

医療や介護の現場ではよく使われる言葉です。

人生の質”“生活の質と訳される事が多く、私たちが生きる上での満足度を表す指標の一つです。

 

現在の生活は、一年前とは大きく違う生活になってしまっています。緊急事態宣言の解除後も、人混みを避け、人との距離を取る生活。おうち時間や“巣ごもりがホットワードになる程、家での生活がメインとなっていますよね。

 

私は普段、休みの日には、家族で色々な場所に出かけ、遊び回っていたので、自宅メインの生活に慣れていないのが正直なところです。

QOLでいうと、正直、あまり高くない状態です。

 

では、QOLを向上するため、「じゃあ家でできる趣味を見つけよう!」という話になるかも知れませんが、『趣味』とは「楽しみとして自分が熱中出来る事柄」という意味であり、無理やり見つけるのではないでしょう。

 

しかし、『何か楽しみがないと生活の質は低いのでしょうか?』

 

QOL』=『人生・生活の質』をどう意識するのか・・・。

 

もちろん千差万別、いろんな考え方があって当然です。しかし、コロナで行動が制限されている中、私たちの身近なところにある小さな変化を発見し、今までより、少しだけ家での生活を丁寧に送ることを心がけるだけで、十分人生の質が変わるのではないかと私は思うようになりました。

 

一日の始まりに、窓を開け、大きく息を吸い込む。

窓から眺める太陽や雲、木々や花の移り変わりを観察したり、差し込む光で日向ぼっこをするのも気持ちが良いものです。

リハビリでは、患者様お一人お一人のQOL向上に向け、その方が望む生活を考えながら日々取り組んでいます。

皆さんもこれを機に、自分自身のQOLについて考えてみてはいかがでしょうか?


担当 リハビリ錦織

 

リモート面会について

2020-10-22
カテゴリ:感染対策員会
重要NEW

現在、県外のご家族さまの面会制限を行っており、ご心配とご不便をおかけしております。

当院では、タブレット端末を利用してのリモート面会を実施しておりますので、ご案内申し上げます。

 

①ZOOMもしくはLINEでのリモート面会となります。

②リモート面会は予約制です。予約は病棟スタッフまでご連絡ください。

③端末操作に伴い、通話中は職員が付き添います。

④リモート面会当日に患者さまに体調不良がある場合は、面会をお断りすることがあります。

⑤通話時間は20分以内と致します。(体調により随時変更)

⑥端末が1台の為、ご希望の日時に調整できないこともありますのでご了承ください。

 

 

引き続き患者さま及びご家族さまにご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

ご不明な点などございましたら、病棟スタッフまでご連絡ください。

TOPへ戻る